命の地図 魂の地図

思想、哲学、スピリチュアル、世界観、死生観などを書いています。病気と向き合う今も感じ続ける日々。感謝出来るようになるまで時間はかかりましたが人は生きてこそ学ぶと言う何かを伝えて行ければと思い綴らせて下さい

地図 その14

なんだか2年近く治療治療で

なかなか思うようにも行かない日々でした

ですがこれは貴重な日々で

改めて人様より病があることと

心の限界も

身体の限界も比例している面があると

いうことですがもう1つ知ったのは

心の限界は無限を知ることで

おそれから解放されること。

受け入れると言うことを

ありとあらゆる観点で知れば

生きていることが

もの凄い奇跡の繰り返しと言うこと

辛いとは言わなかった

苦しいとも言わなかった

逃げたいとも言わなかった

でも憤った

でも悲しみに暮れた

でも怒りがこみ上げ

それらをすべて通り過ぎたら

昔からこんな感じの人生でも

私は毎回生きている

心臓が子宮が目が・・・あちこちで

悲鳴を上げたけれど

身体が受け入れてくれた

 

逃げられない自分の体を

否定していたのに気づいた

 

この2年

何でもやってみたよ^^

その中で身に付いたのは

糖質制限食」これは

すべての調和に結果が出ました^^

 

まずは何かしら

手に取ってみて2年間の

確実な結果が1つ。

食事を用いた方法でした。

まずは1段階^^

ただただ感謝です(^^♪

 

f:id:agape-reiko:20171215114555j:plain

 

 

 

広告を非表示にする

地図 その13

 

リズムがあれば踊り

声を出してみる

 

空があるから歩いて

深呼吸をしてみる

 

悲しみがあるから

喜びは倍になる

 

泣ける事ができるから

すべて浄化する

 

つまらないときは

すべて暗く見えるけど

それはあなたの心の影で

光を少し忘れて しまっているだけ

 

ずいぶん前から

魂は学んでいたんです

 

いま生きている歴史は

未来の魂に

華を添えるでしょう

 

魂の唄は華麗で

魂は唄い喜び 生きる事を歓迎し

いつか魂は 豊かで遥かな心を放つ

 

豊かな愛を 魂に備え憂い

大輪の花を持つでしょう

魂は 心で唄うのです

心の唄を・・・

 

f:id:agape-reiko:20170724214417j:plain

 

 

 

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

広告を非表示にする

地図 その12

 

私は自分の心の中にいる

導師の導きの声を聞きます。

 

考えが尽きると思うのは

自分が諦めた時に訪れます。

 

魂は

突き止めることをやめないと

私は考えています。

 

魂は

求めることを追求することを

永遠に学ぶのだと思います。

 

魂は

どの時代に宿っても

どの国に生かされても

与えられた天命を

偽ることなく生きるのだと思います。

 

魂は 心の地図を片手に

人間の得る五感を

最大に学ぶために

生命を維持するのだと思います。

 

導師は

夢の中で訪ねてくださいます。

 

「今日のあなたは有意義でしたか?」

「今日のあなたは生命を大事にしましたか?」

 

導師は 時に「思い」をくださいます。

 

「豊かになりさない」

「許し受け入れなさい」

「笑顔で慈しみゆるり過ごしなさい」

人間の目に映る眼下には

限界があるのかもしれない。

 

魂の目に映る景色には 限

界は存在しない。

 

限りある命に対し

心に限りは存在しません。

 

導師は意思を教えてくれます。

間違いはない けれど

過ちを感じたのならば修正すれば良い。

 

生きていく上で

学ばずは死すも同じ。

 

生命の恵みは 流れの中にありて

流れを生むのは自分である。

 

心の熟考は 与えてはもらえない。

心の熟考は

気づき、溢れ、思い、流れる。 導

 

師は最後にいつも言います。

「あるがままにありなさい」

「考え尽くしても終わらぬのがこの世である」

 

だからこそ

心の熟考を重ねたいと思います。

 

(宗教などは一切関係ありません(^^ゞ)

 

 

 

 

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

広告を非表示にする

地図 その11

 

老いに関して

今回は自分なりに

老いの学びを

考えていました。

 

若い頃に分からないこと

若い頃には気づかないこと

若い頃には理解もできないこと

若い頃には抑えられない感情

老いると言う事は

単純に若さを失う事ではないと

 

私は考えています。

また思っています。

 

老いると言う事は

年齢を重ねるという事でもあり

学ぶということでもあります。

 

その方がどこに重点を置いて

生きているかと言うのが

何よりも大事であると思いますが

肉体の老いは時に

さみしさを感じたりするかもしれません。

 

ですがその時に

年齢に沿った知恵や知識を持つことで

老いは活かすべき智慧と

変化していく気がします

 

肉体の経験すること

肉体を通じて経験すること

心が経験すること

心が体験すること 私

 

老いると言う事を

重ねると感じたり積むと

言うふうに

考える事がとても多いです。

自分自身が歳を重ねると言う事は

目上の人と接する機会が

とても減るものです。

 

自分が若い時には

目上の方ばかりなのに

それを知る今は

目上の方を敬ったり

目上の方に意見を

聞かせて頂いたり

声をかけて頂ける事を

心からありがたい事と思えます。

 

最近なのですが

親という存在を改めて

尊敬し

敬意を持って接する事が出来ます。

 

自らの老いからでしょうか

いいえ、決して老い

悲観することなく

自分が十分な時間を

重ねたからこそ

感じられる思いであるのだと思います。

 

しわを嫌う女性は多いものですが

私は年齢相応のシワは

とても素敵なものであると

感じています。

 

笑顔に刻まれるシワは

嘘をつきません^^

笑顔1つでも

苦手な方もいれば

よく笑う方もいます^^

 

どこにいても

何をしていても

人の顔と歴史は存在します。

そこに自分が触れる事が

出来る事はとても光栄です^^

 

老いと言うと

違和感を感じるかも知れませんが

老いると言う事は

素敵な時間の積み重ねであり

愛すべき時間であるのだと

心から感じています^^

 

f:id:agape-reiko:20170720190628j:plain

 

 

 

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

広告を非表示にする

地図 その10

 

 

孔子の書の中に

とてもわかりやすい

言葉を見つけました

 

一 頭を使って知恵を出せ

一 知恵の出ないものは汗を流せ

一 知恵も汗も出ないものは静かに去れ

 

この言葉自体が実話であり

この言葉自体がすでに教訓です。

ここではわかる人と

わからない人が

明確にハッキリ分かれる事でしょう。

 

選択肢は3つです。

考え方は自分次第。

ですが私はとても理解出来ます。

人の知恵は自分で絞らなければ

意味がありません。

わかったふりとわかると

違うと言いますがまさにそれです。

 

知ったかぶりは必ず後でバレます。

学ぼうとする時

皆さんはどうしていますか?

知恵を出せと言うのは

優しい感じですが

その出せとは

他人の引き出しでは

意味がありません。

他人が言う事と同じ事を

繰り返していても

それが自分の学びとなり

真摯にそれを受け入れ自分のものに

しなければそれはただの

他人の知恵です。

 

これは出したとは言えません。

 

そして2つめ

知恵の出ないものは汗を流せ。

本当にその通りです。

四苦八苦するかも知れません。

ですがまずは身体を動かしてみるのが

いいのかも知れませんね

深くを話すと意味が通じない可能性が

ありますのでこれはこの辺で^^

 

そして最後。

知恵も汗も出せないのならば静かに去れ。

そこにいても

あなたの学びは無いかも知れない。

孔子がどのような意味で

これを 語ったかはわかりませんが

私は どちらも出せないと

言うのならばその時間は

あなたにとって

もったいないから。

 

そこではなく他へ行かれた方が

と解釈します。

これは意志の教訓

なのではないかと思います。

 

人は意志を強く持てなければ

知恵を持ってしても身体を

持ってしても

何もなす事は出来ません。

 

どちらもNOならば静かに去れ・・・

と言う事なのかと。

冷たく感じるでしょうか?

 

私はとても親切な教訓であると思います。

意志を持たぬのは自らの意思です。

それは誰もとがめません。

ですが成さぬのならば

静かに去るのは

最善であると思います。

 

論じるには

心あるかこその真実味です。

 

論は時として

保護、擁護、保身となります。

すべて区別のならぬ使い方を

してはならないと感じます。

 

論はわがまま、自我、我欲

小我にも 使えるものなのです。

 

f:id:agape-reiko:20170719192559j:plain

 

 

 

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

広告を非表示にする

地図 その9

 

私、私で

生きていくことは

いけない事ではない

 

生き方として

感謝、感謝と生きることが

出来れば

誰が救うわけではなく

自らの中から常に

その思いは溢れ出てくる

ものなのでしょう

 

私、私 己、己 自分

言葉は違えど意味は同じ

 

私の為に生き

私の喜びの事ばかり

私の楽しみの事ばかり

 

これではままならぬ

人生となりましょう

人生の醍醐味は

共にいる者の笑顔と

共にいる者の幸せ

共にいる者の命

それを拝見させて頂くことで

 

我が心が温まるのは

最高の幸せ

そういう人間でありたい

素適なイメージは

自分発信であれど

思いはそこから放つ

 

光でありたいと願い

目の前の笑顔が

壊れないように

目の前の心が

豊かになれますように

 

心から思えば

それが自らの幸せとなります

心の目を持て

心の会話をし

心の通う言葉を発し

 

どんな時でも

目にするもの 交わすもの

触れるもの

感じるものが

すべて感謝出来ますように

 

あなたの幸せを

命ある限り

ただ祈り続けます

命の尊さは

何よりも頂けたことにあるのです

 

f:id:agape-reiko:20170718185612j:plain

 

 

 

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

広告を非表示にする

地図 その8

 

人が成長しようと思う時

または無意識でも

前を向きたいとき 自分で考えます。

 

☆ 何が問題なのか

☆ 何が違うのか

☆ 何をしたいのか

☆ どうありたいのか

☆ 目標はどこか

☆ 照準は定まっているか

 

これらはすべて自分で考えて

自分で回答をしないと

なかなか納得できません。

ですがこれらを

何でも聞いてしまう・・・・

癖を持つ人がいるのも事実です。

 

私の友人がこう言いました^^

「精神世界という世界や

スピリチュアルと

言うのが詳細にどういうものかを

説明しろと言われたら

私にはわからないけど

数学いわゆる理数にはならないよね。

どちらかと言えば 国語、文系だよね。

玲子と話していると

答えがひとつじゃなくて

誰が話していても 

そうだね って 回答になっているんだけど

10個答えがあっても正解。

ニュアンスが違っていても

向いている方向性が一緒って事よね」 と。

 

その言っている彼女は

文系ではありません(^^;;;

 

どちらかと言えば理数系。

これはわかりやすく

説明してくれた例で

私の周りにたまたま

言われた言葉や言われた事をするけれど

それ以外のことは 考えないで

何でも聞くと言う癖の人がいた為に

彼女がそれを分析して出した答えです。

何でも聞くと言う事は まさに一問一答。

 

その答えに合わない場合は

「えっ。ですが以前にこう言われていました」

とテキスト回答のような形になります。

応用や機微がわからないので

このような回答になってしまうと感じます。

この心の世界は

必ず決まった公式も無ければ

必ず決まった答えもありません。

答えは自分の中にあるものなので

その答えは自分で考えて

自ら導き出さないとなりません。

理数、公式であれば

テキストを作り きっと発行します^^

 

ですがそうではないので

会話の中やコミュニケーションの中で

それを知り

それを感じていくのだと思います。

私がブログを見ている方から

多々感想を頂くときに 

素晴らしいと 感じるのは

ログを見て考えて

それを自分だったらと

じっくり推考して

メッセージを下さる事です。

 

初めてメールを下さる方でも

これを私はこのように感じました。

私はこのように受け取りました。

と、素晴らしいと思える数々があります。

だからきっと書き続けたいと

私は思わせて頂いているのです。

 

気づくと言うのは

そんなに簡単でもありません。

昨日、おととい聞いた話を

「はい、はい」 とわかった風に聞いて

理解できれば何も苦労しません(^^;

 

ですが人が学ぶのは

自らの為でもありまた自らの為と

思いながらもそれは人の為でもあります。

 

自らが智慧を得ると言う事は そ

れは人をも生かす事が

できるかも知れないのです。

何でもかんでも

聞いて済ませる人は好みません。

 

大概、その後同じことを繰り返します。

そして何が悪かったのでしょうか?

と聞いてしまうのです。

自らが反省する事もなく

考える前に聞いてしまうのです(^^;

 

これは聞かれた私も同じことを

言わなければならないので少し辛いです。

聞いて受け止めて

理解して納得する。

聞いてわからなくて

それでも理解したふりをして

言ってみる

この2つはまったく違います。

 

自分で考える力と思考は

自らで生み出さなくてはなりません。

 

☆言うだけの人は

結果が生まれません。

☆理解したふりの人は

言葉の重みがありません。

☆口だけ立派な人は

行動が伴いません。

☆同情を引こうとすれば

そこからほころびが出ます。

☆心から発している人は

なぜか開運していくのです 

 

何でも聞かないでまずは1度

自分の中でよく考えて

順序を追えばわかるはずです。

何でも聞いてはなりません。

出来る所まで頑張るのです。

 

f:id:agape-reiko:20170717134235j:plain

 

 

 

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

広告を非表示にする